私が実践しているアンチエイジング

体験談5:いつも笑顔を心がけています

いつも笑顔を心がけています。

 

が、気付けばヘの字口、眉間にシワ、丸まった背中、、、というのが正直な現状です。

 

スーパーでの買い物中、ふと鏡に写った自分の姿にギョッとしたのがそもそもの始まりです。

 

これではいけないと口角を上げて背筋を伸ばして。ずっと若々しくキレイでいたいので普段の生活から気を付けるようにしています。
口にするものはなるべく身体によいものを。お白湯もたくさん飲んで野菜をたくさん食べて。

 

ヨーグルト、お酢、生姜なども頻繁に摂るようにしてます。

 

料理にも入れますがドリンクにすると飲みやすいので毎日無理なく美味しくいただいています。
我慢はストレスになるので好きなものも食べてます。

 

私は甘いものがすきなのでかなり頻繁に食べてます。

 

食べる時はなるべく早い時間に。
15時くらいまでだと罪悪感なく食べれます。

 

あとは運動のためによく歩くようにしています。
1駅2駅くらいなら軽々歩けます。

 

普段の生活から色々気をつけるようにしてから特にダイエットした訳ではないのですが自然と体重も減りました。
身体にいいこと=美容にいいことなのだと実感しています。

 

 

体験談6:散歩のときはできるだけ早く歩く

 

歳をとると足に来るという話はよく聞きます。

 

私は元々歩くのが好きなのでバスなどに乗る時もバス停一つ分は歩くとか、デパートなどに買い物に行っても、エレベーターやエスカレーターは使わずに階段を上ることにしています。

 

散歩のときも、できるだけ早歩きすることも心掛けています。このようなこともあり、同年代の准高齢者の人達よりも早く活発に歩くことが出来ると思っており、気分的にも若々しく保っておれると考えています。

 

アンチエイジングというのは、肌のつややしわの少なさなどに注目されがちですが、身体動作を活発にしたり、気の合う仲間とカラオケなどで歌を歌いあったり、世間話をするなどして脳を刺激することも心のアンチエイジングではないかと思っています。

 

この他、私は趣味で夏みかんや八朔などのかんきつ類を育てており、1年を通してかんきつ類を食べる機会が多いため、かんきつ類に含まれるポリフェノールなどもアンチエイジングに役立っているのではないかと考えています。

 

 

 

自転車用レインコート(ポンチョ)のおすすめ