私が実践しているアンチエイジング

体験談9:コストのかからない簡単アンチエイジング

「アンチエイジング」と聞くと「高級な美容液」「エステサロンに通う」「コラーゲンドリンクを飲む」などお金がかかる方法が真っ先に思い浮かびませんか?

 

実は、お金をかけずに簡単に誰でもアンチエイジングは出来るんです!

 

1.お肌の保湿
2.笑顔で表情筋を鍛える
3.ストレスのない生活

 

↑これが雑誌でもたまに見かけますが、私も実践しているアンチエイジング方法です☆

 

40代を過ぎた私ですが、美容に関してこれと言ってコストも手間もさほどかけていなくても、初対面の人に「20代後半にしか見えない!!」と言われますので、この3点を実践すればきっとあなたも美魔女さんになれます。

 

直接的なスキンケアは、項目1の「保湿」のみ?
使う美容液も、千円以下のプチプラ化粧水とコットンがあれば十分です。
使う化粧水は質より量が大事。
たっぷり保湿して、おうちでのリラックスタイムにコットンでパックすれば十分、お肌に潤いを与えることが出来ます。

 

項目2と3は日頃の生活で出来る簡単なことです。
しかめっ面をしていたりイライラ、怒っていることが多いと、顔にいらないしわが出来てしまいます。

 

ストレスを避け、発散して笑顔で過ごすことが出来ると、表情筋が鍛えられて、老けて見える要因の一つであるほうれい線の予防や改善につながります。

 

また日頃、笑顔で口角が上がっている人は表情から若々しくみられるので、スキンケアも大事ですが、自分の内面からも若々しさを取り戻していきましょう!

 

 

体験談10:運動をするようになりました。

 

26歳の頃は、太っていました。
社会人になり、暴飲暴食で、完全にビール腹でした。毎年、毎年ズボンが入らなくなりました。

 

初めて会う人に年齢をいうと、みなさん驚きます。
学生時代の友達と久々に会うと、かなり老けたねと言われました。これではダメだと思い、ジムに入り運動を始めました。

 

私は産まれてから26歳まで全く運動をしませんでした。

 

ちょうど転職もして、幸い残業がない会社に入る事ができ、ジムに通う事ができました。

 

2年で13キロ痩せて、若くみられるようになりました。
女性にもモテるようになり、生活が楽しくなりました。

 

それから、いつまでも若くいよう、元気な体でいようと考えるようになり、痩せてからも定期的にジムに通っています。

 

自宅にも、腹筋マシーンやダンベルを置くようになりました。

 

不思議ですが、ジムに通い痩せてくると、食事にも気をつけるようになりました。油っこい物を余り食べなくなり、高タンパクな物を食べるようにしています。

 

 

運動でアンチエイジング!ゴルフ道具をそろえるなら
子供と旅行でストレス解消!

 

スポンサーリンク