私が実践しているアンチエイジング

体験談11:お風呂上りの秒速化粧水

年をとって見えるという事はやっぱり一番大切なのは「顔」の印象です。

 

私がやっているアンチエイジングとしては、「お風呂上りの15秒以内に化粧水を肌につけること。」です。

 

大概の方はお風呂場で、化粧を落としたり洗顔料で顔を洗ったりしているかと思います。

 

顔を洗った直後は、すっきりしてとても気持ちが良いのです、お肌の状態は油脂が落ちている全く無防備な状態です。

 

浴室にいると湿度が100%なので、無防備でもまったく気づきません。

 

しかし、そんな無防備な状態で湿度100%の浴室から、脱衣所に来たとたん、肌の水分はドンドン失われていっているのです。

 

この瞬間がまさにポイントです!

 

「お風呂から出たら15秒以内につけること。」

 

多少、肌が湿っていてもOKです。とりあえず手元にある化粧水を肌につけて防御態勢をつくりましょう。

 

乳液などは、体を拭いた後でも大丈夫です。

 

何よりも、まずは化粧水をつけることを、真っ先に行ってください。
そんなことで、私は35歳ですが肌年齢は10歳くらい若いままです。

 

 

体験談12:プチ筋トレ&ながら運動で体すっきり

 

仕事が忙しく、夜遅くに帰ってきて、ビールとご飯をたらふく食べる。必ず太ります。

 

病気になります。よね?

 

しかし、私はここ何年も体型を維持していますし、健康診断でも引っかかった事が一度もありません。

 

継続は力なり。
何年も続けていることがあります。

 

筋トレです。

 

やっぱり運動ねって思うかもしれませんが、ジムに通うわけでもなく、自己流?ただスクワットや、腕立て伏せ、腹筋等、有名なものを少しずつする事。

 

本当は付加をかけて鍛えた方が良いと思いますが、あえてかけすぎない。

 

筋肉使ったなぁと思う位を続けること。

 

それが大事だとおもいます。
年取ると、やり過ぎると体痛めて、逆効果です。それに加えて、日々の生活の中でも、ながら運動を気づいたらやります。

 

階段があればもちろん使います。通勤の徒歩の時間は早歩き。その代わりやるときは、腹筋に力を入れながら姿勢を正すことを意識してしています。

 

あえて、絶対にしなければという意識をもたず、気が向いたらやるを継続するだけでも効果があると信じてこれからも続けます。