私が実践しているアンチエイジング

体験談17:ナッツ類を食事に取り入れて若々しさをキープ!

雑穀やナッツ類には美しさやアンチエイジングにつながる栄養が豊富だと知られていますので、おやつにつまんでいるという方も多いのではないでしょうか。

 

でも、それだけでは充分な量が取れなかったり、食べない日が続いてしまうこともあります。それなら、食事に入れてしまいましょう!
簡単なのは細かく刻んでお米と一緒に炊いてしまうこと。ココナッツオイルを入れて炊いている方は食べやすいと思います。私は雑穀とクルミ、クコの実を入れています。ただ、これは好みがありますし、子どもたちやご主人に好まれないこともしばしば。

 

そんな時はおかずに入れてしまいましょう。サラダにトッピングするように、かば焼きに刻んだクルミやスライスアーモンドをのせてもおいしいです。またカレーやハンバーグといった香辛料や主食材の風味がしっかりした料理に混ぜ込んでも食感のアクセントになります。

 

このようにちょっと工夫すれば、日頃のメニューに取り入れるのは簡単です。
ナッツ類はなるべく過熱しないほうが良いそうですが、私は生のナッツ類が苦手なので、最低でもローストしたものを使っています。それでも続けていると肌が乾燥しにくくなり季節に関わらず調子が良くなってきています。

 

火を加えても栄養価が何もかもなくなってしまうわけではないようなので、食べやすい方法を見つけて続けると良いと思います。

 

 

体験談18:年をかんじる瞬間は、エスカレーターにのってしまうとき

 

わたしは、本来、いたって丈夫なたちだ。

 

学生の頃から、ダブルスクール費用捻出のため、電車代をおしんで、JRで、3駅分をあるいてかよっていた。

 

おかげで足腰は、人一倍丈夫だ。だれがみても、健脚である。

 

 

あまり疲れていない時には、意識して階段を選ぶ。ときに息がきれる。重い荷物をもっているときは特にそうだ。

 

われながら情けないと思う。

 

ちなみに迷わずエスカレーターを選ぶようになったのは、ごく最近のことが。

 

いまわたしは、55歳だから、かなりましなほうだろう。みていると、20代でも30代でもすこまれるようにエレベーターを選ぶひとがおおい。

 

彼らの、50代はどうなるのだろうと、われながら心配である。